合板フローリングと無垢フローリング

合板フローリングと無垢フローリングについて

天然木を生かした無垢フローリング

合板フローリングと無垢フローリング

一般的に家やマンション、アパートなどに使われる床はじゅうたんや畳、フローリングなどありますが、最近はフローリングが多いですよね。

そのフローリングには2種類あるのですが、「無垢フローリング」、これは、天然の木そのものを使って作られているフローリングなのです。

天然の木をそのまま使っているので、木そのものの特徴がフローリングにももちろん生かされています。

木は水分を吸収しやすいし排出しやすいため、夏でも冬でもそれぞれに合った働きをしてくれて、湿度の高い夏も、乾燥しやすい冬もこの「無垢フローリング」のおかげで快適に過ごせるといったわけです。

でも、メリットだけではありません。

デメリットはつきものと考えて・・少しデメリットのお話もさせていただきます。

まず、水分の吸収や排出、とても優れた調湿ですが、この働きを行うことによって、木自体が伸縮してしまうのです。

伸縮してしまうと、板の反りや隙間が出来たりすることもあります。

傷つきやすかったり、汚れやすかったり、天然の木であるからこそ、色や木目にばらつきがある・・と言ったこともあるのです。

それを改善するためにあるのが「合板フローリング」ですが、後は何を重視するかや好みの問題となってくるでしょう。

【参考サイト】
日本木質ペレット協会

Copyright (C) www.conexionamerica.com. All Rights Reserved.

天然木を生かした無垢フローリング