無垢フローリングは空気も含む

無垢フローリングは水分と空気を含む

天然木を生かした無垢フローリング

無垢フローリングは空気も含む

フローリングには、大きく分けて2つのものがあります。

「合板フローリング」と「無垢フローリング」の2つです。

そのうちの一つ「無垢フローリング」についてお話しさせていただいていますが、「無垢フローリング」は天然の木をそのまま使って作られているため、もちろんデメリットもあげられますが、メリットは多く存在するのです。

フローリング自体、普通に木ですので普通に水分を吸収したり、排出したりしてくれます。

湿度の高い夏では、水分をしっかりと吸収してくれてじめっとした空気は存在しませんし、床もサラッとしています。

冬は冬で乾燥しやすい季節ですが、フローリングからしっかりと水分を排出してもらえるので空気の乾燥を防ぐことが出来るのです。

静電気の発生を防いでくれたりもします。

また、木は水分の吸収や排出だけではなく、たくさんの空気も含んでいるのです。

ですから、断熱性も高いと言われています。

木自体が熱を持っていてくれるので、冬は部屋自体を何かで暖かくしないと寒いものですが、この「無垢フローリング」のおかげで、床がひやっとすることはまずないと言えるでしょう。

裸足でも十分に過ごせるほどの熱を保っていてくれるのです。


Copyright (C) www.conexionamerica.com. All Rights Reserved.

天然木を生かした無垢フローリング